脂肪吸引の失敗によるいくつかの失敗談ついて

痺れのような違和感が

学生時代はスタイルが良かったけど痺れのような違和感がセカンドオピニオンは大事

手術前日に、どの部分から吸引するかなどの手術方法の説明と手術後の状態をCG映像で見せてくれ、その画像が高校3年の頃の私の体型と同じだったので、脂肪吸引手術が楽しみな気持ちで翌朝を迎えました。
当日に病院へ行き、裸になって紙パンツを履いて手術着に着替えて待っていると、再度機能の手術説明と手術の予定時間を説明されて、全身麻酔を掛けて脂肪吸引手術が始まりました。
麻酔が切れた時には、手術が終わって1時間ぐらい経過して、吸引したウエスト周りや、ヒップに痺れのような違和感を感じてました。
翌朝に、お腹やお尻を固定して止血していたコスセットを外して、包帯を取るとお腹の周りが内出血を起こして紫色に変色してましたが、出血は完全に止まっていて術後の経過は良好と言われました。
それから退院して、通院しての経過観察が始まりました。
2週間経って、腫れが引いた後に気付いたんですが、ウエストに不自然な段差が出来ていて、ウエストが凸凹になっている事に気付いて先生に相談しました。
「これって失敗じゃないんですか。
」と不安な気持ちを話すと、「よくある症状なので、マッサージしながら様子を見ましょう。
」と言われて信じてしまいました。

脂肪吸引 失敗談 | 脂肪吸引で失敗しないために