脂肪吸引の失敗によるいくつかの失敗談ついて

セカンドオピニオンは大事

学生時代はスタイルが良かったけど痺れのような違和感がセカンドオピニオンは大事

2か月経っても全く改善しないで、凸凹の部分がしこりのように固くなってきたので、不安になってクリニックに行くと、修正手術をする事になりました。
修正手術は硬化した脂肪の凸凹を隠すために脂肪を注入する方法で、術後にウエストの奥にしこりが残ってしましました。
これで修正手術が終わりと言われて納得できなかったけど、このクリニックじゃ埒が明かないと思って、別のクリニックに相談しに行きました。
そこでは、脂肪が硬化して腫瘍かしているので外科的に取り除くしかないと言われて、総合病院の外科を紹介されて脂肪の固まりを取り除きました。
ウエストのしこりは無くなりましたが、切除手術でできた切りキズがへその下に大きく残ってしまいました。
私はこの失敗から学んだ事は、美容外科クリニックの医師は信じられる誠意のある先生を探さなくちゃいけない事と、不振に思ったら別のクリニックで見てもらうセカンドオピニオンの大切さを学びました。
それでも、お腹のキズを見るたびに頭にきます。